Schatz-大きな大きな宝物達-



マロンvsボン

今日も良いお天気でしたね〜
朝ノワがまだ日向ぼっこしたーいとぐずってました(^^;)
ボンもゲージの中から庭の方をジィィッと見つめていて

こんなお天気にお留守番は可哀想だなぁ


後ろ髪を引かれながらの出勤でした(TT)

働いても生活やばいんだから。。働かなくちゃー。。。

夜の散歩は妊婦コーギの花っちが同行^^
ベル子も一緒

だけどー。。。

相変わらずウンpが出ないか出れば微妙にいやな感じの便で
マーは何と無し血便っぽかった(TT)

はぁぁ。。
もう何もしたくないわ。。。

近所のウィペット・ライラちゃんに朝逢ったら同じ感じのウンpで
これでも5日投薬中だと言う
病院の検便では便がデンプン質になってると言われたと

デンプン質って。。ジャガイモの食べ過ぎ??(^^;)
米粒もそうなのかなぁ
どうなの?junちゃん??

今夜は諦めてa/d缶にしまちゅ(TT)

話は変わって

マーはボンが嫌いです
はっきり言ってとても怖がります
ボンはマーの事はある程度お兄ちゃんと理解してます

同時に
一番弱っちいヤツとも思ってます

d0092650_20151596.jpg


家の前に一斉に出た時ボンは真っ先にマーに向かいます
兄ちゃん遊ぼう☆
と、言う気持ちで
勿論マーは必死な顔付きで逃げまどい、最後には私の元へ戻りますよ(笑)

でも
夜皆がスヤスヤ寝出すと・・・ボンはお兄ちゃんにめたくそ
意地悪します

例えば

ボンはキッチンの入り口付近か廊下でドテ〜ンと寝てて。。
マーはそこを通りたくても通れずオロオロウロウロします
途端に
ウガウッ!!!
と、ボンが脅しかけマーは泣きべそで何処かへ逃げます
なので最近マーは私が呼ぶまで一番お気に入り(安全?)場所で
寝ていて
私がボンの前にはだかったうえでビビってオロオロするマーが
動くまで呼び続けます
マーは意を決してボンの前を走り抜けます
この時はマーの完全敗戦です

もう一つの意地悪
見事(?)走り抜けたマーは空いてるハウスへ

そこで私と一緒にボンが部屋に入ります
ボンは空いてるゲージとマーが入ってるゲージが並んでる前で
少し悩み
必ずマーが入ってる方へ入りたがります
油断は禁物
私はとっさにボンの手や足を掴み、いけない!と叱りますが
ボンはなかなかどきません

ある夜
デカゲージにマーは入って寝てました
そこへボンが入りたいと言いました
私はボンの手を握りしめ、お兄ちゃんが入ってるから駄目だよ
と叱ります
ボンはどきません
すると
おもむろにマーが動きました

あれ、どくのかな?

と思った瞬間

ムクッと起きたマーがゲージのはじっこにこちらに背中を向けて
座り直したのです
まるで

ボクはどかないよ

と静かに訴えているようでした

ボンは黙って空を見つめ
諦めたのかゲージの入り口付近を埋めるようにして寝転がりました(笑)
この時は何とマーの勝利(?)ですかね(笑)

以後
マーが入ったあと、ゲージの扉をそ〜っと閉じておきます
ガチャンとは閉めないで

毎晩こんな静かな戦いが繰り広げられています(^^;)

替わりにタル&ノワとはとっても仲良しです
んー
タルの事はしっかりボス的存在とお姉ちゃんだと理解しているようです
ノワの事は初恋くらいな気持ちを持っていて守るべき存在だと思ってます

ノワも最近はボンをすっかり認めデカコンビでドタバタと家の前を
所狭しと走り回るほどになりました^^

ボンは布団の上に寝るとかソファに乗るとか
そんなことは今まで考えた事もないです

未だソファには乗れませんが

最近マイブームは私の布団の上に乗って甘えて寝ることとなりました(^▽^)v

一昨日は毛布の中にお姉ちゃんが寝てました
そこへ毛布の上からボンが寝ました
途中お姉ちゃんは上半身を毛布から出して寝てたんだけど
何とボンは毛布の上からお姉ちゃんの腰の辺りを枕にし
お姉ちゃんも全く普通にそのまま寝ていました

何だか嬉しかったなぁ

そのおかげか(?)
昨日散歩中皆待ち時間があった時
お姉ちゃんがボンの背中に顔を乗せていた時がありましたが
やはりそれもボンは普通に受け入れていました

この二人はほんとに仲良しです

ボンがゲージから脱走を試みるガシャンガシャン!と言う音が
聞こえてくると
それまで思いっきり寝てるお姉ちゃんはガバッと飛び起き
走って行きオンオン吠えてボンを叱ります
ボンもお姉ちゃんに叱られると諦めて又横になる

ボンを受け入れた翌日一番初めにボンに噛まれたのはお姉ちゃん
それからずっとボンを見ながら唸り続けていたお姉ちゃん

今は毎日何かと
ボンの事頼むねお姉ちゃん
悪さしたら怒ってね
と、頼む日々です

ボンが庭で悪さをしようとしてるのを声だけでたしなめていると
これまたお姉ちゃんが庭への柵越しにボンをジィィッと見つめます
ボンはお姉ちゃんに鼻を付けて尻尾を振る

まるで

ボン、又何かしたの?
ごめん、お姉ちゃん



二人で会話してるように(*^-^*)

マロンにはいつも謝ってます
ごめんねボンを残してしまって。。。と

それでもマーは頑張ってくれてます
いつまでも張り合いのある生活でマーにとっても良い効果で
ありますように・・・

----余談----

仕事に出掛ける時の子供達への言葉

マロン:みんなの事頼むよお兄ちゃん!
タルト:ボンの事頼むね良く見ててね
ノワ:とにかく静かにお利口さんにね(^^;)
ボン:寝んねしててね、すぐ帰って来るからね
大地:お兄ちゃんの事頼むね大は強い子だもんね

です(^▽^)
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-09 20:24

琥珀

d0092650_22542713.jpg

里親様から先ほど届いた琥珀です

お試し飼育に入る前夜
琥珀の乳腺上に腫れ物がある事に気付きました

一瞬目の前が真っ暗になったのを忘れない

やっとこの生き地獄から解放させてやれる
ただただこの思いだけでウキウキしながら
こは〜良かったねぇ
頑張るだんよぉ!
愛してるよ琥珀
良い子にね
皆さんに可愛がられてね
琥珀は頑張りやさんだから大丈夫だね
それでも駄目だったら
またこんな地獄だけど帰っておいで

なんて話しながら琥珀を触りまくっていた指先にそれは当たった

どうしよう
一旦延期にすべきか
でもうちにいても何もしてやれない
金もない

グルグル頭の中を駆けめぐる

連れて行き話をし駄目だったら連れて帰ろう

そう思い、予定通り翌日連れて行った

里親様は女性の一人暮らし
琥珀は十何時間、独りぼっちの留守番になる
何処の里親団体でもだいたいは断る環境
琥珀にとっても私にとってもそんな事は何の問題もなかった
琥珀にはその方がずっとノビノビ出来るんだから

伺った家の中は
琥珀と暮らす為に引っ越したばかりで
里親様は汗だくで片付け最中だった
真新しいバリケンと犬ベッドが綺麗に置かれていて
足止めの為にとてもクッション性の高いカーペットが敷かれていた
お邪魔している最中琥珀のために購入したゲートが届いた
試行錯誤で取付中今度は琥珀のシッターさんご夫妻が到着
美味しそうな沢山のオヤツ(ある程度指定したら全て揃っていた(^^;)
とっても心待ちにしていてくれた

時間はどんどん過ぎてシッターさんご夫妻が帰り
琥珀の出来物の話をした

彼女は触って・・顔が曇った
ああ・・有りますね・・・と

うちでは除去手術もままならないと話をした
でも駄目なら引き揚げると
なんで・・こんな良い子が・・今まで辛い思いしてやっとこれからって
時になんで琥珀が琥珀だけがこんな目に・・
私は泣いてしまった

そんな私に彼女は

病院へは連れて行きます
検査もして必要ならば手術もこちらでします

と言ってくれた

同行したバァバと二人良かったねぇ琥珀は大丈夫だ
幸せになる!と嬉し泣きしながら帰ってきた

そして今日連絡があった

腫れ物は腫瘍ではないと

でも
若年性白内障と診断されました
少しずつ見れなくなって失明する

と・・・

何でだよー
何で琥珀ばかりこんな目にあうんだ

琥珀は
沢山辛い思いしてきたんだよ

バァバがセンターに引き取りに行って琥珀を積んだ後
電話をかけてきた
泣きながら
可哀想な子だよ酷いよ

こんな電話は初めてだった

駐車場に着いたとの連絡を受けて迎えに行った私の目に映ったのは

ゲージの中で目だけ少し動かし何もかも諦めきった
琥珀
だった

何度呼ぼうが何しようが全く動かない琥珀を
リードでムリムリ引っ張り車から出した瞬間

パニくった

グルグル回りどうして良いのか判らない

彼女は外も知らなかった

所謂「繁殖や」「ブリーダーもどき」の奴らの放棄だ

車に怯えバイクにパニくり犬も人も駄目だった琥珀

それでも
毎日毎日ほんとに良く頑張った

巣立つ頃には
家の前を通る犬達に吠えなくなった
郵便やさんにもかなり油断するようになった
車には一切吠えなくなった
何より
人が大好きになった
すれ違う人全てに尻尾を振ってご挨拶した
撫でて〜と誰にでも甘えて
良い子ねぇ
と褒められるとそれはそれは嬉しそうな笑顔になった

散歩もいつも何かに怯えていた初めの頃が嘘のように
待てと言えば私を見上げ止まったし
バァバや他の犬友との立ち話もつきあえるようになった

新しい土地で新しい家、知らない散歩道
沢山の初めてをママと二人試行錯誤しながら琥珀は
頑張りや琥珀として沢山頑張って
今はとっても幸せだ

シッターさん、ハウスキーパーさんにもとっても可愛がられてる

琥珀は幸せになったのだ

なのに
なのに

・・・・
今既に目が悪いと診断が出てるそうだ

全く気付かなかった

ごめんよぉ、琥珀・・・
もっと早く気付いていればもっと何か出来たかも知れない

もう・・これ以上
琥珀に辛い思いが起きないように

ただただ幸せに穏やかに日々過ごせるように・・・

どうか、どうか・・・
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-08 23:31

レスキュー

またもや見逃してしまいましたが・・・
あちらこちらで
広島ドッグパーク
の、事件が取り立たされているようですね

関係者のブログや他の方のブログで知りました

何十頭もの遺体が発見されたと。。。

その中には胎児も・・・
そして
arkさんが初めて現地へ立ち入った時、途切れ途切れでも
まだかろうじて生きていたセントバーナード・・
息絶え埋められた土の中でうじが湧いていたそうです・・・

その時はまだへたに手出しが出来ず証拠写真を撮るしか出来なかったスタッフ

その子の変わり果てた姿を見た時の思いはどんなにかだろう。。。

たまりません

もう言葉にも表せる事が出来ない

d0092650_22335757.jpg


ボンは
本当に酷い状態で捨てられました
とある高速道路のS.Aに、繋がれて置いてきぼりになりました

関係者からのボン引き取りの待ち合わせは高速道路上で
落ち合ってすぐ
トイレをさせてやろうと車のゲージから出した瞬間
又捨てられる!又置いて行かれる!
と、パニくったボンは凄い勢いで思わず私は全身の力でリードを握り
暫く動くことが出来なかった

ゆっくり、ゆっくりだよ!

と、声をかけながら一歩ずつ確実に歩き出した瞬間
ボンは逃げるように私達の車に移動されたデカゲージに
飛び乗りました

それからも買い物で繋いだりすると
立ってる事も座る事も出来ず吠える事も出来ずガタガタ震えながら中腰で
涎を異常に垂れ流して待つボン

毎日毎日買い物に連れて行き一分も待たさず、必ずアイス等の
美味しい物を向かい合わせで一緒に食べました

美味しいね
大丈夫だよ
母ちゃんはお前を置いてったりはしない

毎日毎日呪文のように語りかけました

けれど
今でもボンは独りでの買い物待ちは、上記したほどではなくなったと言え
似たような感じです

独りのお出かけも不安がるのは
又捨てられる、置いていかれるのか、何処へ連れて行かれるのか
と、言う
彼のもうきっと消し去る事の出来ない恐怖心でしょう

お姉ちゃん達と居ても
知らない土地へ連れて行くとトイレすら出来ません
不安そうに周りをキョロキョロしながら息づかいもいつもより
激しくなる

色んな事が
彼の中には恐怖心と言う名のトラウマとして残りました

ボンに
そんなトラウマを作ったヤツを
私は一生許さない
目の前に現れたならそいつの一番大事なモノの命を奪うでしょう

絶対に許さない
許さない

今回の犠牲にあったセントバーナード
間違いなく衰弱死でしょう・・・
死してなお無念の状態に置かれた

やっと
見つけて貰えた
やっと
手厚く葬られる

やっと
ゆっくり眠れるんだ

ボン
この子の分も
今世の中で公になってないだけで同じような思いをしてる
子達の分も

毎日笑って過ごそう
元気に笑顔で過ごそう

そして最後くらい
楽しかったなぁ
って、思ってね・・・・
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-08 22:53

お天気♪

今日はとっても風が強かったけど久々のお天気になりました(T▽T)

朝五時、ボンが鳴いて起きました
庭に出すとすぐオシッコ、そして又寝んね

今度は六時半に大地が鳴き起きました
庭に出すと・・・・はい、粘膜たっぷりウンp・・・・・
片付けで気付かないうちにもう一カ所下痢便が(TT)
場所的にはタルのようでした

その後第一陣の散歩スタート
マー君が意外や意外、とっても良いウンpだったので喜びも束の間
2回目は皆と似たような感じ
逆に昨日夕方大量の粘膜便をしたボンは朝一も似たような感じだったけど
2回目には既に良い感じに
ノワたんは血便(TT)

普段人に相談を受けた時は一日様子を見ろと言うのだけど
我が子、しかも全滅な日にゃ・・早々に病院へ行く心配性親ばか

d0092650_2254074.jpg

またもやボンは犠牲のお留守番
なので、大地にボンのカバンを持たせてみました^^
でも歩きづらそうだったので結局は私が持ち、軽く散歩し、ベル家に
寄ってから病院へ

頭数の事とか配慮してあまり良い獣医ではないのだけど
仕方ない。。と、とある病院へ

せっかく四頭分の便を小分けにして持っていったのに
「全員なら虫じゃないから検便しなくて良いでしょう
朝から四頭分の検便は勘弁してよ〜」と。。。ね、良い獣医でしょ(--;)

おまけに案の定原因は判らず
だって、何も調べたりしないしさ
聴診器でお腹の音も聞かないしさ

挙げ句
「ビオフェルミン持ってるでしょう」だって(^^;)

とりあえずノワだけ点滴で、終わり

体重は全員2kg減

やはりドライは必要不可欠のようで(TT)
お腹治ったらドライも復活させます

帰ってきてボンに少し気分転換をと思い、タル同行でベル家へ

ボンは独りぼっちでのお出かけにちょっと不安を持ちます
これもトラウマ
でも結局やけに張り切るタル姉ちゃんに釣られちと不安そうでした
ばあちゃんの顔を見たら安心したようです^^

初対面から相性の悪かったベルとも今ではお互いお尻の匂いを
嗅がせあったり出来るようになって
今日もお互い嗅ぎあいっこをした後、ばあちゃん争奪戦を繰り広げ
てました^^

車の小窓を閉め忘れていたので帰りに車へ
ボンは・・・今の車は初めて・・・
不思議そうにお姉ちゃんの後を追いかけて行き車の匂いを一生懸命
嗅いでました(TT)
開けてやると喜んで飛び乗り
「母さん、出発!」と、笑顔をくれました

小窓を閉めながら少し3人(一人と二頭)で、車の中でボケッとして
終了
ちょっとがっかりした顔になったボン

ごめんね、今度はボンも、一緒に行こうね
いつもと同じ言葉だけな約束(TT)

帰ってボンは又ゲージです

久々のお天気&ドライブ(?)で、みんなご満悦のお昼寝
d0092650_22182932.jpg

大地はお尻だけ写ってます(^^;)
沢山日光浴出来たようで(^-^)b
この後皆が暑いと戻ってきてノワが替わりに、わざわざ私の靴の上に
寝てくれました(T▽T)

夕方はベル子と一緒に散歩
出る寸前近所の
妊婦コーギ・花(花はうちが実家だと信じてます(笑)が来て
大好きなボンにお腹を出しイチャイチャした後
皆と一緒にお散歩しました
途中までMダックスのショコラ♂も一緒

先日から大地の「余所の子もうちの群れ」訓練を始めてました
幸を成したようです
ベル母が
「大地、花の事平気みたいよ〜!」と^^
やったね☆
ショコラとも頑張ってます
ポチ君と言うMダックスも近所にいて、その子と花はかなり免疫がつきました
ふっふっふ
私と私の子に不可能と言う文字はなーーーーーい(^▽^)v
(嘘です不可能だらけだっつの(TT)
でも、頑張りに答えてくれる我が子達
とても嬉しい事です(^-^)

散歩途中五ヶ月のチワワ・マロンちゃん♀と逢い、デカ組は
大喜びで匂い嗅ぎまくり
初めはフルフル震えてたマロンちゃんも途中から本領発揮!
ガンガン皆に飛び付いてアピってました(^▽^)
さすがチワワ☆強い子☆☆

帰りは、皆ベル家前で思い思いに遊び終了

ご飯は
ただのオジヤ・サラダ菜半分・馬肉少量&ビオフェルミン(^^;)
明日は皆少しでも良くなってると良いね

チワワと言えば・・病院で未熟児チワワ四ヶ月半と会いました
その飼い主に
「え?皆家の中で飼ってるの??」
と言われ
「え?じゃ、その子は外で飼うの?」
と、聞き返してやったら
「とんでもない!」
ですと(--;)・・・・・・・・・・・・・・・・・けっ!

その後マロタルを一陣で院内に入れて
ダウン
のコマンドで何をされても(チワワの飼い主旦那にタルは何度もつつかれた)
そのまま二頭並んで臥せ続けたのを見ていて

「ああ・・こんなに良い子達なんだ。凄いな・・」と

ざまぁみやがれっ( ̄ー ̄)
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-07 22:44

全滅じゃ(><)

今朝も夜も雨・雨・雨〜
で、みんな、庭のみ

いい加減ストレスもたまるんやね

夕方のワンツーで
ノワ・ボン同時に下痢・・・
タルは綺麗なウンpで一安心・・が、夕飯後下痢〜(TT)
マー坊・大地は無し
何日我慢してんだ(--;)

明日は止むみたいだからー
みんなの嬉しそうな顔がまた見られるかな

みんな、お腹治ると良いねぇ・・・

一体何が原因か?と、ご飯ノートと睨めっこ
でもねぇ
初めてって物は使ってなかったし今までと同じような感じ
なのに。。。。

全員揃って、と、言う事は。。。
手羽先?(一週間ぶり4回目)
卵殻パウダー?(煮沸消毒済み)
ドライフード(前々回使ってたヤツ前回のが切れて突然使った)
あとは・・・考えたくないけど・・・食中毒?
ストレス??

んー。。。junちゃん、どうなのよ、これって!?(TT)

もっと困ったは・・・

下痢してても腹減りガキ共!
今夜は今まで入れてた物殆ど抜いて
オジヤ(カワハギ)とカボチャ&エンゼイムのみ
食直後
腹減ったとこの娘(--;)
d0092650_23242940.jpg

おかーさん、あたちはご飯頂いてませんが?

ブチ!っと切れた私から雷どっかーーーーーん!!!



d0092650_2325296.jpg

触らぬ何とか・・・と、少し離れたとこでゴロンしてた
マーに逃げてふて寝しましたとさ

ったく

一生懸命子供達の健康を考えやってても
理由の判らない事柄が起きる
それは私のストレスにもなる
子供達が可哀想だなぁと辛くなってしまう

はぁ・・・

ドライだけの時も突然誰かしら下痢とか軟便なんてあった
手作りがどうこうって訳じゃないんだよなぁ

しゃべれたら良いのに(TT)
ねぇ
タル
ノワ
あんた達のそのおしゃべり尻尾みたくさ
ねぇ
マロン
大地
お前達のそのおしゃべりお顔みたくさ
ねぇ
ボン
お前のそのおしゃべりお耳のようにさ

愛してるよ
最愛の子供達

早く
みんなお腹もお体も元気元気♪って書けると良いな
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-06 23:33

雨ですねぇ・・

すっかり肌寒くなりました
雨も冷たくなって
我が家は大雨の時の散歩は中止になります

だって
大変なんだも(TT)
私がね

そしてこんな寒く冷たい雨の日は
センターの中の子達はどうしてるだろう
酷い扱いを受けている子達は大丈夫だろうか

胸が痛くなります(TT)
いくら犬が雨が大丈夫だって言っても雪が大好きだと言っても
ずっと逃げ場もなくそこに居たら
繋留されていたら・・それはやはり体にきます
何でそんな事も解らないんだろう・・日本人って

今朝はかろうじて大丈夫だったのでザッとお散歩出来ました
大地が
待機中のゲージの中で下痢をしていました・・
ショック(TT)

粘膜たっぷりの軟便
大腸炎系ですね

多頭の為と大地の性格上絶食は余計にストレスになるので
極少量のご飯とビオフェルミン投与しました
ほんとは軟便や下痢の時はそのまま一食抜き薬は使わず様子を見るのが
ベストだけど・・今日から大雨だと予報が出ていたので投与しました

夜までにオシッコだけ庭で出来た子、しない子、それぞれでした
もうご飯も終わり、就寝タイムです
明日の朝は何回かに分けてトイレ散歩だけはしなくちゃかなぁ・・
明日の方が雨は強いらしい

雨が降らなければこの世は困る
けれど雨が降ればそれはそれで困る
勝手なもんだわ

朝は時間がなかったのでドライフード(それぞれ通常の半量)とエンザイム
だけでした
夜はオジヤと鳥胸&ドライ、量多め
皆目の色変えて食べ尽くしました
お腹空いてたんだねぇ(^^;)

生食&手作り食を取り入れてから皆痩せました
かなりの量であげてるんだけども
ドライにどれだけ油脂が入ってるかが判りますね
ノワの体重を乗せる為に一番増やしたのは他でもないドライフードでした

話は変わって
d0092650_21565112.jpg

タルです
頭の毛の先っちょに白い物が写ってるのが判りますか?

ふふふ
d0092650_21575114.jpg

米粒です(笑)

誰のがくっついたのかしら(^▽^;)

大地君
お腹治ると良いねぇ
何だかとっても繊細な大地
けっこう食べ物でなくともすぐ下痢をする
可哀想だわ・・・
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-05 22:04

大切な友へ

まだ最近知り合ったばかりの友達がいます
私達は知り合って今までのお互いの知らなかった事を
埋め尽くすかのように
沢山沢山話しました

私は彼女が大好きです
とてもとても大切な友人

今まで彼女の人生は
ほんとに色んな事があり普通の感覚では有り得ないほどの
辛く悲しい事が多くありました
今でも彼女が気付いてるか認めてるかは判らないけれど
とても大きなトラウマとして残っています

でも彼女はくったくなく笑います
とても素直な笑顔を見せてくれる
そして自分を犠牲にしても見返りなんて求める事もなく
人に対して一生懸命です

どうしたら
そんなに心の優しい人になれるの?

私はいつも彼女を見ていてそう思います

もう充分
これ以上彼女に辛い事なんて起こさないで下さい

知り合って以来私はずっと何かにそう願っていた気がします

けれど
今、又、彼女はとてつもない悲しみを抱えました

泣く事笑う事のタイミングが判らない

彼女は、こう、言いました

大切な友へ

私は貴女に何をしてあげられるのだろう
あの日からずっと考えています
でも、何も出来ない自分がいて
毎日歯痒くて無力な自分に嫌気がさす

私が出来る事は
貴女が嫌だと拒否しない限り貴女の側にいる事だけ
体は近くになくとも心だけはいつも貴女が振り向いた時
そこに居たい

貴女が体当たりで倒れ込んできても私はがっしりと支えるよ
どんな事でも逃げずに支えるよ

だから
独りで苦しまないで

笑う時は笑って
泣きたい時は泣いて

貴女は
貴女の存在価値は本当に素晴らしいものだから

今の貴女を、貴女自身、信じて抱きしめてあげて

大好きな
大切な友へ

いつまでも側に居るよ
d0092650_1371968.jpg

[PR]
# by five-dogs | 2006-10-05 01:38

嬉しかった

今日はお休み
だけど、ご近所さんにお呼ばれで子供達はお留守番でした
ごめんね、五頭達よ・・・

2年間
お疲れさまでした
簡単に出来る事じゃないよ
見ているだけで何も手伝えなかった
ごめんね

そう言って
お昼をご馳走して下さいました

嬉しかった
そんな彼女の心使いが、とても嬉しかった

でも彼女も決して何もしてなくはないんだよ

どんな子達を逢わせてもいつもいつも可愛がってくれた
時に笑い時に涙しながら
一緒に育ててくれた

保護っこ達は
何よりも誰よりも恋しいのが人の手人の笑顔

それを惜しみなくさしのべてくれたんだ

私は保護活動は私一人で出来たとは思ってない
ライカママやベル一家、そしてご近所さんみんなが協力して
くれたから出来たんだ
そして我が子達三頭以外にもベルやご近所の犬友のおかげで
出来た事

本当に感謝している

そして幸せになってくれた子達にも心から感謝の日々だよ

もうやらないよ
って言ってる私

そのうち又ここに
新入り♪
って、お披露目する子が現れるかもね(笑)

毎日毎日お留守番の子供達
皆元気です^^

そろそろ涼しくなって来たから
もうちっとお散歩増やさないとなぁと思いつつさぼり気味(^^;)
筋肉が落ちないように気を付けなくちゃなぁ
最近「今日は長く歩くよー」なんて子供達と散歩に出た時に限って
誰かしらに止められ話が長引く
躾の相談や食事の話しetc・・・
気付くと「うわぁ〜後がつかえてるから急げ〜!」って事ばかり
でもでも最低限一時間ずつは歩くようにしてるから
三頭は必ず2時間以上の散歩になってる
最近大地も筋肉がしっかり付いてきた感じ
ボンも良い感じよ(^-^)b
これから良い時期だね☆
土手仲間との再会も間近だ♪

今夜は秋鮭のオジヤです☆

d0092650_22344786.jpg

ノワのリードが一番のおもちゃなお姉ちゃん
最後にはいっつもこんなんなります〜(笑)
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-04 22:43

レスキュー

広島ドッグパークのレスキュー

かなり進展しているようですね

色んな噂が流れてしまっていたので、あえて、何も言わずにいました

どんな噂が流れようが事実は一つ
苦しんでいる何の罪もない子達が六百頭近くいる
それだけ

関東でも夕方のニュースで報道がなされたようですね
私は仕事中で見られなかったのですがだいたい夕方やったニュースは夜も
流れると思っていたので同じ局にかじりついていたのですが。。。
夕方だけだったようです
しかも一つの局だけの放送だったようで

所詮、犬も猫も「物」でしかないこの国の扱いがこんなところにも
反映するのだなぁと実感しました

今回の管理者は勿論許せない
けれど
この人ばかり責められるのだろうか

このパークを経営した会社だって当然同罪だし

今の世の中が犯した罪ではないだろうか

一番思ったのが
関係者のブログにがんがんコメントされていたんだけど

とにかく今回の管理者を責めている

けれどきっとそう言う事を言っているその本人達だって
一度はそういったパークには一回は行っているはず
その時は自分の憧れの犬種や可愛い犬猫に喜んで触りまくったであろう
その時にその犬猫に対し可哀想だなとは誰も思わなかっただろう

需要があるから供給がある

罪は片方だけの責任であろうか?

ペットショップに卸すだけの為の繁殖屋がいる

ペットショップで可愛いからと運命の出会いだからと子犬を買う
人がいる
いや、実際見なくちゃ、飼いたくなるか判らないじゃない
と、言う人達もいる

その子達の売れ残った先を知っているのだろうか
知っていても知らん顔なのかもね

今は色んな事が言われるようになって売れ残ってもなお、お店で
飼育しているところが増えてきた

だから良いのか?
それで、その子は幸せか?

散歩も連れて行って貰えない
土日になれば一カ所のデカサークルか何かに、今までは触れた事もない
他の売れ残り組みと一緒にされる
強い子は良いだろう
弱い子はどれだけストレスだと思う?

そこにまた常識のない子供達にベタベタべたべた触られて

トイレの躾もされてないその子達が
可哀想だからと誰かに飼われたりするとする
でも大きくなってるその子達はトイレの量だって多い
それが躾されてないから、そこらでする

他にも人間になれていないため怯えから噛み付いたり
慣れない環境に吠えまくったり

衝動買いした人間がそれに耐えられるか?
努力をするか?

勿論そう言う人間も少なくはないだろう

けれど、それを理由に、飼育放棄する人間も後を絶たないのだ

里親団体から里親になったとする
数ヶ月もしないうちに事情があって飼えなくなったと今度は
本人が里親募集を募ってたりする

子供同然に可愛がってきましたが事情が出来手放します

んじゃ、その二本足の子供も、同然だった犬と共に手放すのか?

世の中おかしいよな

なんもこっちが納得出来るような言い訳にはならんでしょ

私だって色んな事考えてるよ
一寸先は闇
いつどうなるか判らない
そんな時それぞれの子供達の先をちゃんと考えてるよ
それが他人からしたら可哀想な結果になるとしても親として
子の事を一番理解している私が決断してあるよ


一番
この腐った世の中で改善すべきは
何だろうね

生きている
動物も人間も

生きていれば
嬉しいと思う感情がある
悲しいという思いも知る
辛い
苦しい
痛い
と、言う恐怖心だって、あるんだよ


だけでは、済まされないだろう

切れば
私達と同じ赤い血が流れる
私達と同じく痛みだってある

自分の生んだ子を平気で殺す親
自分を生んでくれた親を平気で殺す子

人間より動物の方がずっと立派だろ

それを知れ!
って・・・・思うよ
辛辣にね

arkさんでは沢山の寄付品が集まり置き場の確保も限界の為
一旦寄付品は募るのを停止しました
凄いね
一人一人の力が集まった結果だもん
ただ医療費や維持費はずっと出ていく
ひっきりなしに

忘れないで欲しいね

落ち着いてきて
愛護精神に飽きてしまう事が
ないように
願いたいものだ

私のブログから知って沢山の協力をして下さった方に
私個人から
ありがとう
を。
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-04 22:23

ほんとはね・・

今日の病院行ってる時
ボンだけはお家でお留守番でした

大地と違って大人しいボンはいつも犠牲・・

私が休みの日はボンは一日中ハウスか庭に独りぼっち
ほんとはお姉ちゃん達と一緒に居たいのにね

車が大好きで停まってる車のハッチバックが開いてると
飛び乗りそうになるの
なのに・・大地が来てから、殆どボンは留守番

前の車の時は沢山乗せてやれたのに

ボン
今度ゆっくりドライブ行こうね
ドッグランだってボンは余所の子に優しいから連れてって
やれるしね
d0092650_2415473.jpg

夜卵の殻をミルサーしてた時
ボンは不思議そうに首を傾げていました
面白いからボン見ながらずっとガーガー
おかげで随分細かい卵殻パウダーが出来ました(笑)

ほんとはね
甘ったれなボンはいつでも何処でも大好きな家族と離れる事なく
居られる環境に行かせてやりたかった
だから一年間里親募集をかけた
うちに居て独り置いていかれたりするのが可哀想で・・

でも、
セントバーナードの里親募集は珍しいから
とか、完全室内飼いだと言ってるのに
玄関だけ・庭で
そんなのばかりで
誰もボンをボン自身を見て愛してくれるような里親さんは見つからなかった

ボンは一年の間に沢山頑張ってタル姉ノワ子がかけがえのない
家族になったし
私以外と歩かせると不安が先走りオシッコも出来なくて

だからね、ボン
寂しい想いさせても、母ちゃんはボンを誰にもあげたくなかったんだよ
何処へも行かせたくなかったんだよ

一度出た時も話が違うからととっとこボンを連れて帰ってきたけど
ボン、悩んだよね
辛かったよね
ごめんな

これからも、どうしたって、お前が犠牲になってしまうだろう
それでも
最近遠慮がちに怖ず怖ずお布団に寝そべって緊張してるお前が
私の手を自分の手でかき寄せて、手枕、して安心するお前が
母ちゃんは心から愛おしいんだよ

だから
ずっと、側に居ておくれ
ずっとずっとずっと
[PR]
# by five-dogs | 2006-10-01 02:53


大切な大切な子供達への想いとドタバタ記録☆
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧